Diary

numbFivesense

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by numbFivesense | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

15 2009

光と闇と

原田奈々

友人にいただいた本。
クラムボンの原田郁子とその妹の写真家原田奈々さんがパリ、バルセロナ、ポルトガルに行ったときの写真と日記が書かれている。

この本で原田郁子さんはやっぱりこういう人だったのかと感じました。
いろんなものの見方がすごく変わっている。
光と闇をもったひとだなと。

ぼくはそういう人になぜかひかれてしまうのです。


闇の中で輝く光ってすごくきれいだと思うんです。

常に輝き続けているよりもね


例えば、常に光を放っている太陽。
昼太陽はいっぱいに光を放つけど、きれいだとあまり思った事はない。
でも日か沈む夕日や、のぼってくる朝日はとてもきれいだ。
暗くなってようやくその存在をみせつけられる。

月や星も、暗い中で光ってるからこそきれいに美しくみえる。



なんてことをかってに考えたりします。
人間と一緒にするのは違うかもしれないけど
自然だって生きているのだ。


ぼくらはみんな生きているのだ。
生きているから歌うのだ。
手のひらを太陽になのだ。。。だ。



今日は昨日より10度も気温が低かったらしい。
どんな気候だ。
みなさんも体調に気をつけてください。



そういえばまたイヤフォンが壊れました。
イヤフォンってほんと消耗品だよな。
でも今回はよくもった方だ。1年は使った気がする。
最近よく物を壊すのでもっと大切に使わなくてわ。

Posted by numbFivesense | 02:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | yutaka

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://numbfivesense.blog63.fc2.com/tb.php/627-b2528a67

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。